« Prev 白いのMT4iを利用 Next »

結構リアルなせがみ

2008年03月10日(月) 23:53

■後輩たちと
後輩たちとの出来事について。

・土曜日
太鼓の練習のとき、今年中学卒業する後輩と後輩その2(以下、B)との出来事。

「そうだ!卒業記念に何か頂戴よ!」
差し出される手。
「現金かい」
「じゃあちょっと待って!」
や、待ってって。
「あれだよ、あれ!えーっと・・・」←本気で考え中、ぽかった。
「あと5秒~」←小学生みたいに急かす私。
「そう!ダイヤのネックレスがいい!」
妙にリアルな品物きたわー。
「ダイヤのネックレスなんて中学・・高校生なのにいつ付けるんだよ」←言い間違えながら突っ込むB。
その部分はあとでいぢりました。というか、それではぐらかした。
冗談で言ってるんだろうからどうせあげませんけどね('~')
買ってあげると言ったら本気でほしがるだろうけど。

・日曜日
地域のゴミ拾いが終わったあと、Bと後輩その3(以下、C)との出来事。

B:「CB乗らしてよ!CB!」←私のバイク、CB400SFの事。
私:「出すのめんどいんだけど」
B:「まあいいから」
渋々出す私。そしてCの家へ。ちなみにBは自分のエイプで。

C:「なに?嫌がらせ?」
私のせいじゃないぞー。
B:「ちょっと走りにいこうよ!」
C:「これから出かけるんだけど・・・」
B:「まあいいから」
連れ出されるC。巻き添えだ。
B:「じゃ、ちょっとCB乗らして」
私:「こけんじゃないよ」
跨ぐのに苦労してるし、つま先しか地面についてないしでちょっと不安だったけど、少し走って無事戻ってきたB。
そのあと、Cはスクーピー(むっさ遅い。がんばっても50kmしかでない)を出して3人でその辺を一周した。
このときCはエイプ、Bはスクーピーに乗車。

私:「満足した?」
B:「じゃあ次はアドレスで」←新しく買った私の通勤用バイクのこと。
私:「えー」
B:「出すの大変ならいいよ」
私:「そうでもないけど」
B:「じゃそれで!」
それでじゃないって。結局出したけどさ。
このあとはそれぞれ何度か乗り換えながらそこら辺を走ったり、競争したりした。

終わり間際。
C:「どうでもいいけどさ、自分が乗りたかっただけでしょ」←私のバイクにと言う意味。
B:「もちろんそうだよ!」
私:「うっざいわー」
わかってたけどね。調子いいんだわーこいつ。

こうして約1時間におよぶ後輩に振り回されるときは終わりました。

■ガンダム00
トリニティの人たち、1人だけ生き残ったけどあぶなそう。
でもまさか次男があんなにあっさりやられると思いませんでした。
見せ場なしですか。

■ECO
土日はクエ消化と模索と放置だけ。
特にこれといって変わった事はしてません。
そろそろ動き出そうと思ってる事はあります。

■ディスガイア3
ねこばば使ってのEXP増加屋集めは終了。
次は継承技を覚えつつ、マスタリー屋を収集しています。
マスタリー屋はいいですね~。
武器と防具の性能が最大5倍になるのがすんばらしい。

Comments(0)
Trackback(0)

トラックバックURL : http://kinouroya.mints.ne.jp/mt/mt-tbjk.cgi/1444

Comment Form
Return to page top
Copyright (c) 2005 - 2012 Sasa Minase All Rights Reserved.